疲労回復効果

コエンザイムQ10で老化を防止できる?

老化は、「体が酸化すること」で進行します。
ですから、老化予防とは「体の酸化を防ぐこと」ということになります。
また、体の酸化の原因は、活性酸素が体にたまり細胞を破壊していくことにあります。
こうしたことから「老化防止とは、活性酸素による体の酸化を防ぐこと」と言うことができます。

「若返りのサプリメント」と呼ばれることのあるコエンザイムQ10には、活性酸素による体の酸化を防ぐ強力な抗酸化作用があります。
コエンザイムQ10の抗酸化作用は単独で抗酸化の働きをするだけではなく、抗酸化の機能を失ったビタミンEを再び抗酸化作用をもった状態にリサイクルする働きも備えている優れものです。
コエンザイムQ10のこの抗酸化作用が活性酸素による細胞の酸化を抑制し、老化を防止してくれるのです。

しかし誤解してはならないのは、コエンザイムQ10であっても、決して年齢を若返らせるのではないということです。
細胞が酸化することで老化した内臓機能や体質・肌などを修復してくれるとともに、進んでいる老化のスピードを遅らせるのです。
体内でのコエンザイムQ10の生成は20歳頃をピークに減少しはじめ、加齢とともに不足状態になります。
そのことで老化は急速に進行していきますから、老化を防止するためには体内でのコエンザイムQ10の生成が減少はじめる時期からコエンザイムQ10を補うことが大切です。

このページの先頭へ