疲労回復効果

コエンザイムQ10で心機能を強化できる?

私たちの心臓は、休むことなくポンプとしての重要な役割を果たしています。
全身に張り巡らされた血管を通じて、体の隅々まで血液を送り届け回収するポンプのような働きを行っているのです。
心臓のこの機能がなければ、人間は生きていくことができません。

ところが心筋と呼ばれる心臓の筋肉の細胞は高血圧、糖尿病、過度の飲酒、喫煙、ウイルス性の病気、加齢などによって次第に損なわれ、ポンプとしての心臓の機能が衰えてしまいます。
その結果、全身に血液を送り出すだけのエネルギーを生み出すことが出来なくなってしまうのです。
こうした症状の代表的なものの一つが「うっ血性心不全」
で、呼吸が浅くなる・疲労・肺に水がたまる・足首が腫れるといった症状を経て、やがて心臓は力が尽きて止まり、死に至るのです。

ポンプ機能の弱った心臓の細胞を再び活力をとり戻させるのが、コエンザイムQ10です。
このことはコエンザイムQ10の研究の早い段階から知られており、わが国では世界に先駆けて1973年には「うっ血性心不全薬」として認可されました。
その後、コエンザイムQ10が心臓病にもたらした多くの奇跡的な効果は、心臓病専門医のあいだで伝説的になっているほどです。
そのためコエンザイムQ10は体に必要不可欠なのです。

コエンザイムQ10には、心臓の細胞を再び活性化させ弱った心機能を回復させてくれます。
また、不整脈や低血圧によるめまいなども改善されるほか、手足の冷えや肩こり、頭痛、むくみなどにも効果的と言われます。
みなさんもコエンザイムQ10で綺麗を目指しませんか。


このページの先頭へ