疲労回復効果

コエンザイムQ10の酸化型と還元型

コエンザイムQ10には「酸化型コエンザイムQ10」「還元型コエンザイムQ10」の2種類があります。
それぞれ異なった特徴があり、具体的には次のとおりです。

酸化型のコエンザイムQ10は、体内に入ったあと小腸で吸収されて還元型コエンザイムQ10に変換されます。
その後、血液によって心臓や腎臓などの臓器に運ばれてから本来の働きできませんから、いくら吸収性のよい酸化型のコエンザイムQ10でも、還元型に変換されなければコエンザイムとしての力を発揮しないのです。
酸化型コエンザイムの問題点は、還元型に返還する力が加齢やストレスで低下することや摂取したすべてが還元型に変換されるのではなく何割かは変換されずに体外へ排出されてしまうこと、と言えます。

還元型のコエンザイムQ10は、体内で変換する必要がありません。
体内に入ったあとすぐに本来の力を発揮します。
変換する手間や体への負担が軽減されますし、摂取してから効果が出始めるまでのタイムラグが短くてすみます。
そうしたことから、特に激しいスポーツをする人や疲労回復を急ぐ人からは、還元型のコエンザイムQ10が利用されています。
コエンザイムQ10は、日常的にはサプリメントで摂取されるケースが多く、価格が高めですが還元型のコエンザイムQ10の方が支持されているようです。


このページの先頭へ