疲労回復効果

ビタミンEをリサイクルするって、本当?

「抗酸化作用といえばビタミンE」と言われるくらい、ビタミンEは体の酸化を防ぐ栄養素として有名です。
このビタミンEの抗酸化の働きを支援し失った抗酸化機能を還元することでビタミンEをリサイクルするのがコエンザイムQ10だということが、研究で明らかになっています。
このコエンザイムQ10によるビタミンEのリサイクルは、次のように行われます。

ビタミンEの抗酸化作用とは、酸化した脂質である過酸化脂質から活性酸素を奪います。
そのことで過酸化脂質を安定した脂質に戻し、活性酸素の害が他に及ぶことを防ぐのです。
酸化した後は抗酸化物としての機能は失われ、そのままであれば体内で分解されて体外へ排出され、その分ビタミンEが少なくなります。
しかし、体内に還元型コエンザイムQ10があれば、酸化したビタミンEはコエンザイムQ10によって還元され再び抗酸化作用を発揮できるようになります。
すなわち、本来のビタミンEへとリサイクルされるのです。

抗酸化物質の代表であるビタミンEといえども、単独では活性酸素に対して単発的な抗酸化作用しか発揮できませんが、コエンザイムQ10が十分な場合は酸化したビタミンEが次々に蘇り、再び抗酸化作用を発揮できるのです。
だからコエンザイムQ10と摂ると内側からキレイになれるのです。
なお、コエンザイムQ10の抗酸化作用は、ビタミンEなどの抗酸化物質とは異なり、コエンザイムQ10そのものが酸化されるというわけではありません。


このページの先頭へ