疲労回復効果

コエンザイムQ10は不妊に効果がある?

コエンザイムQ10は不妊に効果があると言われるのは、「カナダの不妊治療クリニックと大学の研究チーム」と「イランの研究チーム」の試験・実験報告が根拠にされているようです。
カナダの不妊治療クリニックと大学の研究チームの報告は、高齢と若いマウスにミトコンドリアで働くコエンザイムQ10を含む3つの栄養成分を摂取させた試験結果です。
コエンザイムQ10を摂取させたマウスのグループでは、成熟した卵子の数が顕著に多くなり、活性酸素濃度が低下してミトコンドリアの活性度が高くなったことから、高齢の不妊女性がコエンザイムQ10のサプリメントを摂取すると、ミトコンドリアの活性度が高まって卵巣機能が向上する可能性があると結論づけています。

イランの研究チームの報告は、男性不妊患者47名の半数に3カ月間コエンザイムQ10を服用させ男性機能を比較検証した試験結果です。
コエンザイムQ10を摂取した男性不妊患者の精液中におけるコエンザイムQ10濃度が上昇し、抗酸化酵素の活性が確認されたことから、男性不妊患者に効果があるとするものです。
たしかに、コエンザイムQ10には、ミトコンドリアを活性化させ卵巣機能を向上する働きや精液の抗酸化力を高め男性機能を向上させる働きがあるとされています。
だからといって、一時期話題になったDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)が期待されたほどの効果を得るには至っていないように、現時点では、コエンザイムQ10は不妊に効果があると結論付けることはできません。
不妊の治療はコエンザイムQ10だけに期待し過ぎることなく、専門医とともに妊娠に向けて戦略的に取り組むことをおすすめします。


このページの先頭へ